月次アーカイブ: 10月 2017

アーバンデータチャレンジ2017茨城ブロック 水戸市植物公園イベント
水戸 養命酒薬用ハーブ園 秋の体験講座
「ハーブのカードをつくりましょう」
~植物公園発 ハーブのフリー素材集作り~

2017年10月9日(月・体育の日)、水戸市小吹町にある水戸市植物公園でアーバンデータチャレンジ2017茨城ブロック関連イベントが行われました。今年のGWに園内に新しくオープンした〈水戸 養命酒薬用ハーブ園〉にあるハーブを参加者がスケッチしてカードを作りスキャンしてデジタル化、オープンデータとして公開しようというものです。

ハーブを観察し、思い思いに絵を描く参加者@水戸市植物公園
ハーブを観察し、思い思いに絵を描く参加者@水戸市植物公園

…続きを読む

Code for Ibarakiでは、チャレンジ!オープンガバナンス2016(COG2016)にて水戸市から課題として出されたテーマに取り組んでいます。

チャレンジ!オープンガバナンス」とはデータを活用し、地域課題を解決するコンテストです。東京大学公共政策大学院主催で2016年から始まり、参加自治体が課題を公開、それに対して地元市民や学生が課題解決アイデアを提案するというコンテストです。

2016年の第一回めから自治体として茨城県水戸市も参加されており、いくつかの課題提示がありました。このエントリでは課題に対してのCode for Ibarakiの取組を紹介したいと思います。

課題
Jリーグ・水戸ホーリーホックのホームゲーム開催時におけるモビリティ・マネジメントの試み ~かしこいアクセス,楽しい観戦~

Code for Ibaraki内でメンバーの三浦さんを代表とするCOGプロジェクトチームでは上記課題を「ケーズスタジアム駐車場問題」と呼称し、駐車場現地視察や関係者へのヒアリングを複数回行い課題解決のための方法を模索してきました。細かなものとしては、駐車場近くの横断歩道位置を調整することや案内誘導方法の検討、駐車場を出るまでの時間の使い方についての提案などいろいろなアイデアも出てきましたが、少しずつ課題の本質に近づいていった感じです。

課題解決ポスター
解決案をポスター発表するプロジェクトリーダーの三浦さん

…続きを読む