先週末の土曜日(3月5日)、水戸芸術館近くのみと文化交流プラザでインターナショナル・オープンデータ・デイ 2016 in 茨城をCode for Ibaraki主催で開催し、13名の方にご参加いただきました。
茨城県としては今年で二回目の参加となりますが、インターナショナル・オープンデータ・デイというのは、世界中で同時に開催されるオープンデータをもっと知ってもらおうという趣旨のお祭りです。年々、参加拠点が増えており今年は全世界で見ると260拠点、日本国内だけでも67箇所、参加者総数2000名以上というマンモスイベントになります。
(インターナショナル・オープンデータ・デイは長過ぎるのでIODDと略されることもあります)
Workshop for creating 5374Mito当日の様子は参加者の皆さんがTwitterを使いハッシュタグ #オープンデータデイ で発信しています。これを日本のオープンデータ総本山とも言えるOKJ、オープンナレッジジャパンさんのメディアセンターでまとめてくれています。ありがとうございます。
怒涛のツイートを見るといかに大勢の参加者がこのイベントに参加しているかがわかります。

ツイートのまとめはこちら

また、参加拠点ごとのまとめはこちらになります。

IT系WebメディアであるZDNetさんにも ”盛り上がる「シビックテック」--オープンデータの国際イベントが開催” として取り上げてもらっています。

茨城会場の企画内容

Code for Ibaraki主催の茨城県水戸市の会場では、

1.オープンデータカフェIODD出張版
2.5374ワークショップ
の2つのコンテンツを提供させていただきました。

オープンデータカフェIODD出張版では、オープンデータとは何か?というレクチャー形式の内容でした。初めてオープンデータに触れる人にはオープンデータとは何かを知ってもらう、すでにオープンデータに触れている人にはオープンデータの意義や思想を考えてもらうという筋立てです。言わば、オープンデータを鳥の目でつかもうという企画でした。

続いて行われた5374ワークショップでは実際にオープンデータを利用したアプリとして有名なCode for Kanazawa開発のゴミ出しカレンダー5374のデータファイルをワークショップ形式で作ることで、オープンデータ利用とはどんなことかを体験してもらおうというものです。こちらは逆にオープンデータをアリの目でつかもうという趣旨です。

2つの企画があわさって、オープンデータに親しんでもらおうという計画です。2つのコンテンツの資料は以下にあります。

オープンデータカフェIODD出張版

5374ワークショップ

 開催しての感想

今回は初めてCode for Ibarakiのイベントに参加された方もいらっしゃって、正直オープンデータって???というイメージを持たれていたと思います。実際、イベント終了時に参加者の方で、やっぱりわかりにくいなぁ、特にITに疎いとよくわからないという感想をおっしゃっている方もいらっしゃいました。でも、その後に、「近所の郵便ポストの収集時間を知りたい」、「5374を自分たちの住んでいる地域でも作ってみたい」というふうに次につながる具体的な感想もいただけたので、おおむねイベントは成功だったのではないかと思います。同時に水戸市としては実はゴミ出しカレンダーの情報を正式にオープンデータとしては出していないというような課題も見つかりました。これもIODDの収穫だと思います。

何よりもオープンデータというような抽象的なアイデアにこれだけたくさんの人が集まるというエネルギーは明るい未来を予感させます。

最後に今回のイベントを会場提供、備品の準備などでサポートしていただいた水戸市情報政策課の皆様、コンテンツの準備、当日の会場サポート等で尽力いただいたCode for Ibarakiメンバーの皆様、ありがとうございました。

皆様、また来年のインターナショナル・オープンデータ・デイでお会いしましょう!

IODD2016
IODD2016集合写真

 

Code for Ibaraki の柴田です。
この記事は、Civic Tech (シビックテック)をテーマにした、「Civic Tech Advent Calendar 2015」企画の5日目のための原稿です。他の記事は
http://qiita.com/advent-calendar/2015/civictech
の一覧から見れるようになっており、日ごとに記事が増えていく予定になってます。

本日はビジネスモデルキャンバスのアイデアをシビックテックプロジェクトに応用したプランニングキャンバスのご紹介をさせていただきます。

ビジネスモデルキャンバス

皆さんはビジネスモデルキャンバスというものを見たり、使ったりしたことがありますでしょうか?
ビジネスモデルキャンバスは新しいビジネスモデルを考えだし、その機能や要素を検討するためにビジネスを分析するツールの一つとして、ビジネスモデル・ジェネレーションという書籍の中で紹介されているものです。一枚のシートに9つの要素にわけてビジネスモデルを過不足なく記述することが出来るようになっています。特にスタートアップ企業などが新規ビジネスを考案する際によく使われており、リーンスタートアップで言うところのMVP(最小機能のテスト製品)を考える場合の準備としても便利です。チームでビジネスを検討するために使えるパワフルなツールです。

シビックテックプロジェクト・プランニングキャンバス

…続きを読む

Code for Ibaraki の柴田です。
この記事は、Civic Tech (シビックテック)をテーマにした、「Civic Tech Advent Calendar 2015」企画の3日目のための原稿です。他の記事は
http://qiita.com/advent-calendar/2015/civictech
の一覧から見れるようになっており、日ごとに記事が増えていく予定になってます。

本日は、今年4月から行っているオープンデータカフェ@水戸の1年をふりかえっての記事です。
…続きを読む

Code for Ibaraki の柴田です。
この記事は、Civic Tech (シビックテック)をテーマにした、「Civic Tech Advent Calendar 2015」企画の2日目のための原稿です。他の記事は
http://qiita.com/advent-calendar/2015/civictech
の一覧から見れるようになっており、日ごとに記事が増えていく予定になってます。

昨年もアドベントカレンダーにまとめたのですが、今年もCode for America Summitで行われた講演をまとめたビデオがYouTubeにありますので、各ビデオタイトルの翻訳(と若干の補足を)してみようと思います。年末年始にお時間があったら、皆様が興味を持たれるものについてご覧になってみてください。
…続きを読む

本ブログポストは2015年4月3日にサンノゼ・マーキュリーニュースに掲載された、Code for Americaファウンダー、ジェニファー・パルカさんのインタビュー記事について、オリジナルの記者、マット・オブライエンさんに許諾をいただき、翻訳を行ったものです。著作権の関係で写真は転載できませんので、オリジナル記事をご確認ください。

なお、サンノゼ・マーキュリーニュースはベイエリアをカバーして発行される米国日刊紙で53万部の発行部数をほこります。シリコンバレーのニュースが載ることも多く、Code for AmericaやCivic techについても何度か取り上げられています。日本語訳については柴田重臣に責がありますので、誤訳等についてはshibata@shigeomi.comまでご連絡くだされば幸いです。

Original English Article is on Mercury News by Matt O’Brien 2015 Apr. 3rd
http://www.mercurynews.com/business/ci_27843583/
Translated into Japanese by Shigeomi Shibata, co-captain of Code for Japan, member of Code for Ibaraki

Q&A シビックハッカー、ジェニファー・パルカ Code for Americaファウンダー
マット・オブライエン記者 マーキュリーニュース mobrien@mercurynews.com
2015年4月3日

…続きを読む

【イベントの様子を録画する方法に対するアイデア】

WEBカメラとMacがあればいろいろと使い回しができますが、今回はその場にビデオカメラが無くてもWEBカメラとMacが手元にあれば、録画ができる方法を説明いたします。

続きはドキュメントをご覧ください。
WEBカメラとMacを使った録画方法(Google Document)

4月4日、桜川沿いの桜がまさに満開で絶好のお花見日和の土曜日の午後、茨城大学図書館に併設されているサザコーヒー茨城大学ライブラリー店において第1回目のオープンデータカフェが開催されました。参加者数はこじんまりと始めようとしていた主催者側の期待をうれしい方向に裏切って、9名の大所帯となりました。

OpenDataCafe@Mito#01

photo by Toshihide Sato

…続きを読む

茨城でも徐々にオープンデータの公開が進んでおります。
しかし、これからはじめようとする人にとってはまだまだ未知の領域です。
そのオープンデータについて気軽に相談したり、いま取り組んでいることを共有できる場所が近くにあったら良いとCode for Ibarakiは考え、今回のオープンデータカフェを開催することにいたしました。

具体的に何を、どうする。という部分は今後試行錯誤を繰り返しながら、より良い機会造りを目指していきたいと考えております。

イベントの申込みは、こちらのURLからお願い致します。
https://codeforibaraki.doorkeeper.jp/events/22126

今朝は某TVで各地で活躍するNPOの活動が特集されていた。
すごく良い話だし、参考になった。
恐らく、全国にはメディアに取り上げられる事も無いが、
同じように課題や地域に貢献する活動をしている人たちが大勢いるはずだ。
 
しかし、同時に疑問も湧いた。
同じ地域、同じ課題。地域が離れているが同じ課題。
いろいろなケースがあるだろうが、抱える課題は似ている部分がある。
しかし、組織が別だというだけで、繋がりも無く、
それぞれが手探りで試行錯誤を繰り返し活動しているのではないだろうか?
もし、このような組織間で隔たりなく情報の交流ができたら。
 
これを可能にしているのが、全国に拡がっているCode forの仕組みだと思う。
 
しかも、Code for という組織やコミュニティーはそれぞれが完全に独立して活動している。
課題への取り組み方や解決方法もそれぞれの代表やリーダーがそれぞれの考えを元に活動している。
 
「バラバラに活動して、それぞれが試行錯誤!?」
それでは、何も違わないではないか?
と、疑問に思う方も大勢いるだろう。
 
ここからが、Code for の最大の特徴だ。
 
共通なのは、1つ。CIVIC TECHという考え方。
市民が自ら課題を解決しようという考えを持ち。
そして、Code for という名のもとに繋がっていることだ。
 
積極的に、他のコミュニティー活動にも参加して、複数のコミュニティーグループにも所属する。
自分たちの解決する課題のある内側を見るとと共に、
常に外に目を向けて活動している。
 
良いものは瞬く間にコミュニティー間を伝わり、
失敗談も各地のリーダーが参加するブリゲードオンラインミーティングで
共有し、次の自分たちの活動に役立てる。
 
そして茨城では、Code for Ibaraki が活動している。

Code for Ibaraki代表 佐藤

公開された行政データ等を活用し、市民生活を向上させようというオープンデータの流れが世界で進んでいます。このオープンデータについての認知、啓蒙を主 眼として年一回世界同時に行われるイベントがインターナショナルオープンデータデイです。2015年は新たに茨城会場でも開催いたします。
21世紀のインフラといわれるオープンデータ、この機会に皆さん、触れてみませんか?
…続きを読む